私たちの仕事 works|千葉県松戸市の設計事務所アトリエ アル・セッション

リノベーション(スケルトンリフォーム) : 金町マンションI邸

ピカピカじゃない、温もりのある家
スケルトン : 金町マンションI邸

妹さん家族がお住まいだった築29年3LDKのマンションを譲り受けることになったIさん。
これまで設備等、いっさいリフォームしたことがないので、この際全面的にリフォームし、快適な空間にしたいということで、スケルトンリフォームになりました。

シングルマザーで、末娘さんとトイプードルと暮らすIさんは、台所にいることが多いので、台所中心の家がご希望でした。無垢の床とスイス漆喰、造作キッチンや洗面台のタイルにもこだわりました。
さてさて、手仕事大好きなIさんが、わんちゃんと一緒にのんびり過ごせる、光が入って、風が通り、あまりピカピカじゃない、ちょっと昭和の匂いがするような、暖かい温もりのある・・・、そんな家が実現できたでしょうか。

before
before 現況図面

部屋数を減らし、玄関ホールをゆったりと取りました。水廻りの位置は極力動かさず、トイレの向きを変え、玄関から中が見えないようにしました。和室はなくし、LDKを一体としました。廊下と寝室の2方向から使えるウォークインクローゼットは、扉を設けずオープンにしています。

after
after 計画図面

広がりのある温もりのエントランス

初めてマンションを訪ねた時、玄関が狭くて暗い印象でした。正面にはトイレのドア、開けると中が丸見えでした。
明るく広がりのあるエントランスに変身。トイレは向きを変え、廊下の先にはニッチを設けて、視線を遠くに向け、奥行き感を出しています。

before
before 玄関

突き当たり奥がトイレのドアです。

after
after 玄関1 after 玄関2
after 間接照明と3つの小窓

ベンチの下には人感センサー付きの間接照明を設え、3つの小窓からは寝室からの優しい光が漏れています。チェッカーガラスがちょっとレトロな雰囲気を醸し出し、帰宅して玄関ドアを開けたとき、ほっとできる空間が実現しました。

after 玄関3

台所が中心の家

家に居るときの大半は台所で過ごす、というIさん。台所はこの家の中心で、とても重要なスペースです。キッチンは壁に付け、オープンにしました。
シンクの後ろの収納を兼ねた作業台は、移動もでき、簡単に食事もできるカウンターテーブルとしても使えます。料理をしながら、ビールを飲んだり、ちょっと食事もできるような楽しいキッチンです。

before
before キッチン

吊戸棚付きの対面キッチンでした。

after
after キッチン

キッチン右はリビングのカウンター収納、手前が収納作業カウンター、奥はパントリー

after 下部オープンの造作キッチン

下部オープンの造作キッチン。
仕上げのタイルは悩んだ末に、カウンターが濃紺、壁はブルーグレーになり、落ち着いてお洒落な雰囲気になりました。シンクはアーミック鋳物ホーローシンクです。

ゆとりの洗面スペース

after 洗面スペース

洗面ボールは、実験用シンクを検討したのですが、巾が大きすぎ深さが足りないということで、Lレクタングル洗面器を採用しました。モザイクタイル(名古屋モザイク)はショールームで実際に見て決めました。
スペースにゆとりがあるので、椅子を置いてお風呂上がりなどをゆっくりと過ごせます。

after 洗面スペース

古い扉をリ・ユース

すべて新しいものばかりではなんだか気恥ずかしくて落ち着かないのでは、というIさん。
洋室には、取り壊し予定の当時お住まいだった家のドアを再利用することにしました。多少痛みもありましたが、白い空間にレトロなドアがしっくりと馴染み、ほっとする空間ができあがりました。また、他の部屋はトイレと浴室以外は扉を設けずカーテンでまかなうことにしました。

before
before 玄関の扉
after
after 玄関の扉

after 玄関の扉2
寝室内部。古い扉と玄関に面した壁の小窓がマッチしています。

建築化照明(間接照明)

照明は少なく、明るすぎないほうがいいというIさん。
LD奥の壁には建築化照明を設けました。
光を天井に反射させることで、やわらかな光で眩しさを感じにくく、空間に心地よい明るさ感・広がり感を与えています。照明器具の存在感がなく、空間がスッキリとします。
ただ、これだけでは照度が不足で、今後加齢による視力の低下も考慮に入れて、引っ掛けシーリングを付けています。スタンドなどで手元の照度を確保するのも良いでしょう。
ダイニングテーブルの上にはペンダントを下げる予定です。

after 建築化照明

建築化照明の壁にはもともとあった和室の長押を残しました。この壁はなにか演出ができそうです。右の物入れの扉は設けず、カーテンを付ける予定です。

こだわりの仕上

床は、ぬくもりのあるニュージーパイン浮造りの無垢フローリング。思わず靴下を脱いで素足になりたくなります。LDK・玄関・廊下の壁は、スイス漆喰の横引きでコテ目をランダムにつけた、金ゴテランダム仕上げをメインにしています。スイス漆喰は、強アルカリ性でカビの発生を抑え、調湿・消臭効果も期待できます。
他の壁と天井は、ドイツ製オガファーザーを使いました。
オガファーザーは、木屑と再生紙でできた、エコでからだにも優しい壁紙です。塗装用下地なので、将来は上から何度でも塗り替えができ、自分でもメンテナンスが可能です。

hintリフォームのヒント

after 建築化照明

寝室に設けたオープンクローゼット。廊下からも入れます。扉は付けずカーテンは取り付け可能です。

after 建築化照明

玄関収納の扉の内側に傘収納を設けています。

ブログ 「I邸マンションリノベーション(スケルトンリフォーム)(金町)」のブログです