個人住宅(戸建て住宅) 松戸 設計事務所

家を創ることは暮らしをデザインすること

安心して暮らせるための健康住宅、自然素材の家、二世帯・三世帯住宅、狭小住宅、ローコスト住宅など…

再生、リフォーム 松戸 設計事務所

建て替えにはまだ早い!

建物の構造を活かし、外観のデザインや内部空間を刷新することで、建物に新しい「いのち」を…

集合住宅(賃貸マンション) 松戸 設計事務所

魅力ある賃貸マンションとは?

土地の地域性をとらえ、ターゲットを絞り、機能的にも、デザイン的にも、特化した賃貸マンションをご提案!

その他の建築 松戸 設計事務所

複合用途で有効利用を

マンションばかりが有効利用ではないかも知れないもうひとつの用途とは…

松戸の設計事務所 アトリエ アル・セッションでは随時無料相談を行っています。お申し込みはこちら!
建築ってたのしい!アトリエ アル・セッション 家づくり日記|松戸 設計事務所 アトリエ アル・セッション アトリエ アル・セッションのInstagram 片付く家づくりのお手伝い tidy+ONE 暮らしイキイキ・収納ブログ わくわく収納力
松戸 設計事務所 事例

松戸 設計事務所のお役立ち情報

無料『簡易耐震診断』のご案内片付く家・収納サポートのご案内 ホームインスペクションのご案内 フラット35適合証明書発行 無料ラフプラン作成 新築・リフォーム 「耐震基準適合証明書」「増改築工事証明書」の発行

松戸 設計事務所 アトリエ アル・セッションよりおしらせ

2022/01/07
コロナ禍で、先の見えない世の中ではありますが、そんな状況だからこそ、今年も前を向いて、誠実な仕事をしていきたいと思います。
2021/09/10
「Works」収納リフォーム・習志野K邸の事例を追加しました。
2020/11/18
Topics お役立ち情報に「耐震基準適合証明書」「増改築工事証明書」の発行 を掲載しました。
2020/03/31
弊社の新型コロナウィルス感染防止対策について掲載しました。
2020/07/14
「Works」『エクステリアあれこれ』のページを追加しました。
2019/12/17
Plaza コラムに 身近な地域の文化財建造物『門と蔵の野外博物館』を掲載しました。
2019/10/11
Topics お役立ち情報に「耐震診断・松戸市補助金交付手続きの流れ」を掲載しました。
2019/02/18
Plaza コラムに「耐震補強」+「断熱リノベーション」のすすめを掲載しました。
2018/08/15
Topics お役立ち情報に「無料ラフプラン作成 -新築・リフォーム-」を掲載しました。
2018/04/11
Plaza コラムに「ふぞろいな街並みに思うこと」を掲載しました。
2017/12/06
「Works」『リフォーム・リノベーションあれこれ』のページに事例を追加しました。
2017/10/13
「Works」金町マンションI邸スケルトンリフォームの事例にお客様の声を追加しました。
2017/07/12
「Works」『耐震改修・補強あれこれ』のページに事例を追加しました。
2006/12/19
ホームページを開設しました

あなたの「こだわり」に共感!

誰でもその人なりの価値観やこだわりを持っています。
その、目には見えない「価値観」や「こだわり」を見つけるところから、家づくりが始まります。
はじめはよくわからないご自身の価値観や、内に秘めたこだわりを、コミュニケーションの中で発見していきます。
それらを共感し、共有しあって納得のいく空間を作り上げていきましょう!

信頼と実績の設計事務所

アトリエ アル・セッションは、千葉県松戸市にある住宅系を中心とする建築設計事務所です。松戸で25年、設計ひとすじ。信頼と実績を積み重ねてきました。
エリアは松戸市、柏市、流山市、野田市、我孫子市を中心としていますが、それ以外の地域でもご相談に応じますので、お気軽にお問合せください。

二世帯、三世代住宅、狭小住宅、変形敷地、リノベーション、シェア住居、ペット共生型賃貸マンション等、あらゆるご要望に対応致します。また、建物の耐震診断・耐震設計、ホームインスペクション(住宅診断)も手掛けています。

『誠実』をモットーに、なによりも、住まう方が「健康」で「安全」に暮らせる家を設計しています。できるだけ自然素材を使い、その性質と特徴を活かした、美しいデザインを心がけています。

世界でひとつだけのあなただけの家を、建築家とコーディネーターと一緒に楽しみながら創っていきませんか。

「楽しみながら」、というのが重要ポイントです。そのためには、お客様の「こだわり」に共感、共有することが大切と考えています。

自由なデザイン(注文住宅)

設計に携わってから現在まで、様々なタイプの家をデザインしてきました。
こうしようと始めから決めていたわけではなく、すべてお客様とのやりとりの中で、「ああしよう」「こうしてみよう」と話し合いながら出来上がった形です。
個性的なデザインを勧める設計事務所もありますが、私達はあえてデザインを決めつけず、 お客様とのキャッチボールを楽しみながら、一緒に作り上げていきたいと考えています。
そのためにも、お客様の「こだわり」に共感し、共有したいのです。

中古×リノベーション

私達は、「今あるものを大切にしたい」という想いがあります。
リノベーション」とは、単なる修繕のリフォームではなく、必要に応じて間取りから外装、内装を刷新、場合によっては構造や断熱を補強、インフラ部分も修繕し、建物をバリューアップさせることです。古い建物に新しい生命を吹き込み、活き活きと生き返らせるのです。
新築より制限はありますが、既存の空間があるからこそ、暮らしのイメージが描きやすくなるという利点があります。
新築よりリーズナブルですし、中古(ストック)を再生することは、環境保全にもつながります。
この建物自体が大丈夫?という不安にも、「ホームインスペクション(住宅診断)」で状態をチェックし、修繕するに価値ある建物かを診断し、設計しますのでご安心ください。
また、ご希望があれば、インスペクション時に簡単な収納診断を実施しています。この家の収納はどうなのか、物が収まるのか、動線はどうなのか、気になる方はお申 し込みください。

リノベーションのきっかけは様々です。
そこにはそれぞれのストーリーがあり、それぞれの想いに「ああ、そうだよね」と共感し、その想いを共有するということを大事にしたいと思っています。
今の住まいを、現在、そしてこれからの暮らしに合わせてつくり変えませんか?

耐震診断のお勧め

昭和56年(1981年)より前に建築された建物は旧耐震基準で設計されています。昭和56年以降は新耐震基準といわれていますが、平成12年(2000年)に基準が一部改定されました。改定のポイントは(1)「壁の配置のバランス」、(2)「接合部(金物補強)」です。
したがって昭和56年~平成12年(1981年~2000年)の19年間は新耐震基準ですが、現行の基準を満足していないので、倒壊する危険性がある建物もあります。
ほとんどの行政は耐震診断、耐震補強工事の助成対象を昭和56年以前の建物としていますので、耐震診断は昭和56年以前の建物が中心となっています(※)。しかし上記の理由より昭和56年以降だといっても安心せず、是非昭和56年~平成12年(1981年~2000年)の建物も、先ずは耐震診断を受ける事をお勧めいたします。
※松戸市では2018年(平成30年)より、昭和56年~平成12年(1981年~2000年)の建物も対象となりました

暮らしに合わせて家づくり

新築もリノベーションも、出来上がって引渡したときのお客様の喜んでいる様子を見るのが 最高の喜びです。
もっともっと、お客様の笑顔が見たい!

私たちと一緒に、あなたの暮らし、あなたのコンセプトに合わせた家を創っていきましょう!