私たちの仕事 works|千葉県松戸市の設計事務所アトリエ アル・セッション

耐震改修・補強あれこれ

耐震改修・補強事例のご紹介ページです。

2000年以前の建物は耐震性が確保されていない建物がありますので、耐震診断をお勧めします。
間取りの変更等は耐震補強と一緒にすると良いでしょう。
単なる構造の補強と考えず、これからの暮らしをイメージし、ご家族でしっかりと話し合うことが必要です。
また、表面から見えない構造部分は、建物を長生きさせるためには見逃してはいけない重要な部分ですので、専門家による建物の住宅診断もお勧めいたします。
漏水や結露、湿気により木材の腐朽等があった場合は補強しましょう。
例えば水廻りのみのリフォームで、ユニットバスだけ交換してしまうと、その下地や構造が傷んでいても見過ごされてしまうことがあります。
せっかく壁や床を解体する機会に忘れずに下地や構造のチェックをしましょう。
また、快適は省エネ住宅を目指し、リフォーム時には断熱補強も検討いたしましょう。

hint耐震改修 BeforeAfter

hint躯体の腐朽、シロアリ被害

ユニットバス交換時などに在来の浴室を解体すると、躯体の腐朽と共に、シロアリの被害が見つかることがあります。
壁に覆われているとわかりませんが、古い在来の浴室は、開口部やタイルの割れ目等から水が入り込み、躯体が腐朽していることが多いです。また、湿気の多い浴室廻りはシロアリの好む環境です。気づかないうちに侵入され、被害に遭っている可能性があるのです。
このような腐朽や被害が見つかった場合は、必ず適切な処置をしてからユニットバスを施工しましょう。また、シロアリの蟻道を見逃さないことも重要です。

hint耐震改修のヒント集

ブログ O邸耐震補強
K邸耐震補強
I邸リフォーム(古ケ崎)